廃車手続き

陸運局で一時抹消登録(廃車)をするメリット

一時抹消

陸運局で廃車手続きをする際に、一時抹消登録を行います。

一般的に廃車手続きは、一時抹消登録、永久抹消登録、輸出抹消登録などがあります。こちらでは、一時抹消登録をするケースや、メリットについてご紹介したいと思います。

なぜ一時抹消登録をするのか(メリット)

一時抹消登録とは、文字の通り一時的に抹消登録を行うことをいいます。車検の有無に関わらず一時抹消登録をすることができ、手続きは必要書類を準備のうえ陸運局で行うことができます。一時抹消登録をした車は、将来的に乗りたいと思ったとき(登録したいとき)に再登録することができ、その場合は陸運局でユーザー車検などを受けて手続きを行います。

廃車手続きの中には一時抹消登録のほかに永久抹消登録がありますが、異なる点としては将来的に乗る可能性がある車なら一時抹消登録、乗る予定がない車なら永久抹消登録となります。

一時抹消登録をするメリット

一時抹消登録をするメリットは、一時的とはいえ自動車の登録を抹消しますので、自動車にかかる維持費がストップされます。

具体的には、自動車税の課税がストップしたり、期中の場合は自動車税の還付を受けることができます。但し、自動車税の還付を受けることができるのは普通車のみです。軽自動車は一度課税され支払った自動車税は期中に一時抹消登録をしても還付されません。

自動車税の関係でいうと、車の名義変更を行う場合は、警察署の許可を得た車庫証明が必要となり、一週間程度の日数がかかります。自動車税の課税は4月1日の所有者ですので、3月末に車を売却した場合に名義変更をするために車庫証明を取得して手続きを踏んでいると4月1日に間に合わないケースがあり、その場合は一旦抹消をして新たに登録をするというケースがあります。

もう一点として、自賠責保険の残り期間の還付を受けることができます。

自賠責保険は、車検を取得する際に支払う一般的に強制保険と言われており、自動車を運転する為に必ず加入しなければならない自動車保険です。任意保険とは異なりますのでご注意ください。

一時抹消登録をすることで、自賠責保険会社へ還付申請を行うことができます。

一時抹消登録で気をつけなければならない事

一時抹消登録をすると、車検の有効期限が残っていても抹消することにより無効となります。

例えば、車検が1年間有効期限が残っている車を一時抹消登録をすると、再登録をする為には改めて車検を取得しなければなりません。有効期間内に再度登録をしようとしても途中からの登録ができませんので注意が必要です。

更に、一時抹消登録では重量税の還付を受けることができません。重量税は車検を取得する際に強制的に支払う必要があるものです。自家用車の場合の車検の有効期限は2年ですから、2年分(小型車で25,000円程度)を支払っていることになりますが、途中で一時抹消登録をしても還付されませんので注意が必要です。

一時抹消登録(廃車)で自動車税が還付される

一時抹消登録をするメリットで、自動車税が還付されることをお伝えしましたが、具体的に自動車税が還付される仕組みについてご説明したいと思います。

自動車税とは、普通自動車、軽自動車問わず4月1日の自動車の所有者に課税される税金のことをいいます。排気量別に自動車税額が決まっており、一般的には(免税などを除き)排気量が大きくなれば自動車税額が高くなる仕組みとなっています。

自動車税額の概算金額

自家用車として登録している普通車と軽自動車の自動車税額の金額は下記の通りとなります。

普通車/軽自動車 排気量 自動車税額

自家用

普通乗用車

1リットル以下 29,500円
1リットル超~1.5リットル以下 34,500円
1.5リットル超~2.0リットル以下 39,500円
2.0リットル超~2.5リットル以下 45,000円
2.5リットル超~3.0リットル以下 51,000円
3.0リットル超~3.5リットル以下 58,000円
3.5リットル超~4.0リットル以下 66,500円
4.0リットル超~4.5リットル以下 76,500円
4.5リットル超~6.0リットル以下 88,000円
6.0リットル超 111,000円
自家用軽自動車 一律 10,800円

一時抹消登録をする事で実際に還付される金額

一時抹消登録をすることで還付される金額の計算方法についてご説明いたします。一点、上記でご説明したとおり軽自動車は還付対象ではありません。

上記の表を見ていただくと、自家用普通乗用車の「1リットル超~1.5リットル以下」の自動車税額は34,500円であることが分かります。この34,500円は12か月分の自動車税です。4月1日~翌年3月31日までの税額となりますので、一ヶ月あたり「34,500円÷12ヶ月=2,785円」となります。例えば、5月に一時抹消登録をする場合は、翌月の6月~翌年3月までの10ヶ月間が還付対象の期間となる為、還付金される金額の計算は「2,785円(一か月分)×10ヶ月=27,850円」となります。

乗らなくなった廃車同然の車であれば、そのまま放置していれば還付金は一切ありませんが一時抹消登録(廃車)にすることで27,850円の還付を受けることができるのです。

一時抹消登録をした後の自動車税還付手続き

陸運局で一時抹消登録をした後には、特に自動車税の還付手続きは必要ありません。陸運局から管轄の都道府県事務所へ通知が行きますので、ご自宅へ還付通知が到着するのを待つだけです。

尚、一時抹消登録をした日から自動車税の還付通知が届くまでは約2ヶ月~3ヶ月程度かかります。

還付通知が自動車税事務所から届いたら、最寄りの銀行や郵便局で手続きを還付してもらいましょう。

一時抹消登録(廃車)で自賠責保険金が還付される

一時抹消登録をするメリットで、自賠責保険のお金が還付されることをお伝えしましたが、具体的に自賠責保険が還付される仕組みについてご説明したいと思います。

自賠責保険とは、車検を取得する際に必ず加入しなければならない強制保険で、自家用車の2年車検では約28,000円くらいの保険料となっています。任意で加入できる任意保険とは異なります。一時抹消登録をすることで、車検の有効期限内に加入している自賠責保険を解約することができ、残り期間の余分に払っている自賠責保険料の還付を申請することができます。

一時抹消登録をした後の自賠責保険の還付申請

自賠責保険の還付申請を行うためには、自賠責保険の解約申請を行わなければなりません。

自賠責保険を取り扱う会社の営業窓口でも解約申請を行うことはできますが、時間が無い方は郵送で手続きを行うことができますので郵送の方法をご活用いただくのが良いと思います。

尚、カーネクスト東京では自賠責保険の還付金相当額を計算して車両代金と一緒に買取をさせて頂きますので、お客様自身でわざわざ解約申請を行う手間は必要ありません。

一時抹消登録(廃車)のまとめ

自動車の関連事業者であれば一時抹消登録は頻繁に使う方法でありますが、一般ユーザーの方は馴染みのない言葉だと思います。

カーネクスト東京では、お客様から買取をさせて頂いた廃車を一時抹消登録を行います。弊社の名義へ変更してから一時抹消登録とする為、後々にお客様に何らかの連絡が入ることはございませんのでご安心ください。一時抹消登録をすると、陸運局から証明書が発行されます。登録識別等通知書といわれるものになりますが、カーネクスト東京では登録識別等通知書をお客様へ郵送などにて通知させて頂いております。

⇓他にもよく読まれている記事はこちら⇓

>>廃車の流れ(申込みから手続き完了まで)

>>廃車手続き必要書類と書式ダウンロード

>>廃車にする時にはリサイクル料金の預託は必須?

東京都の市町村別・廃車手続き情報

こちらでは、廃車手続き情報をご紹介致しました。カーネクスト東京では東京都全域を廃車対象エリアとしています。

下記のリンクより各市町村の廃車買取り事例を紹介させて頂いております。

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 八王子市 立川市 武蔵野市 三鷹市 青梅市 府中市 昭島市 調布市 町田市 小金井市 小平市 日野市 東村山市 国分寺市 国立市 福生市 狛江市 東大和市 清瀬市 東久留米市 武蔵村山市 多摩市 稲城市 羽村市 あきる野市 西東京市