廃車手続き

廃車にする時にはリサイクル料金の預託は必須?

廃車にする時にはリサイクル料金の預託は必須?

カーネクスト東京に廃車のお問い合わせをされる方で、リサイクル料金の支払い・預託に関する質問を受けることがあります。

リサイクル料金とは、自動車解体業者などが廃車の引取りを行い、カーエアコンなどのフロン類やシュレッダーダストやエアバッグ類を破砕などするために必要な費用となります。

最近では、リサイクル料金が預託済みの車が多いと思いますが、リサイクル料金の金額や未預託だった場合の対処方法などについてご紹介します。

なぜ廃車にする時にリサイクル料金の預託が必要なのか?

自動車のリサイクル料金が必要となったのは平成17年(2005年)です。

廃車の引取りを専門とする自動車解体業者は、鉄やスクラップなどの資源の再利用を目的として販売する為、廃車でも無料引取りや買取を行っています。カーネクスト東京も廃車買取を専門として取り扱っています。しかし、鉄やスクラップなどの有価金属を除くと、シュレッダーダストやエアバッグ、フロン類などのについては逆に有料で処理が必要な為、ずっと昔は処分が有料であるゴミを不法投棄などを行っていることが社会問題化されたこともありました。

そこでできたのが、自動車のリサイクル料金です。自動車ユーザーの最終所有者がリサイクル料金を支払うことによって事業者側に負担がなくなる仕組みとなりました。

リサイクル料金を預託状況を調べる方法

リサイクル料金を預託しているか分からない場合は、自動車リサイクルシステムにて簡単に調べることができます。

リサイクル料金を支払った覚えなんかない!と思われている方も多いと思いますが、新車購入の時または中古車購入の時、車検を受ける時などに支払っているケースがほとんどで、実際はほとんどの車が預託(支払い)されています。リサイクル料金を支払うとリサイクル券(薄い緑色のB5より少し小さいサイズの証明書)が発行されます。

車検証の準備または下記の情報を確認のうえ調べましょう。

  1. 自動車登録番号又は車両番号(ナンバープレートの番号です)
  2. 車台番号

尚、廃車をご検討の方で預託状況が分からない場合は、カーネクスト東京でもリサイクル料金の預託状況についてお調べしておりますのでお気軽にお申し付けください。

リサイクル料金を支払っていない場合

リサイクル料金は自動車の最終所有者が払う義務となっています。

したがって、リサイクル料金が未預託だった場合は、リサイクル料金を支払わなければなりません。

リサイクル料金の支払い方法は、コンビニなどでの支払いも可能ですが、カーネクスト東京に廃車をご依頼を頂いたお客様には、カーネクスト東京にて先に立替えにてお支払いしておくことも可能で、後日に請求させて頂きお支払い頂くケースもございます。

自動車リサイクル料金の金額

それでは、自動車のリサイクル料金の金額とはいくらなのでしょうか?

リサイクル料金は、普通車と軽自動車でも異なり車種によっても異なります。こちらではリサイクル料金の概算価格をお伝えさせて頂きます。

軽自動車のリサイクル料金の概算金額

軽自動車のリサイクル料金の概算金額は下記の通りとなります。軽自動車は普通車と比べてリサイクル料金も安い設定となっています。車両価格も安く、維持費もかからない、リサイクル料金も安いということで人気があるのが納得いきますね。

4ナンバーの軽自動車(バン・貨物タイプなど)の場合 おおよそ5,000円

5ナンバーの軽自動車(自家用タイプなど4)の場合 おおよそ8,000円~9,000円

普通車のリサイクル料金の概算金額

普通車のリサイクル料金の概算金額は下記の通りとなります。普通車のリサイクル料金は軽自動車と比べると少し高い設定となっています。しかも、外車の場合は日本車よりも高いのが分かります。

5ナンバーの小型普通車(ヴィッツやフィット等)の場合 おおよそ10,000円~11,000円

5ナンバーの普通車(カローラやプレミオ等)の場合 おおよそ11,000円

3ナンバーの普通車(クラウンやハイエース)の場合 おおよそ13,000円~14,000円

外車(ベンツやアルファロメオなど)の場合 おおよそ15,000円~18,000円

リサイクル券を紛失してしまった場合

リサイクル券とは、リサイクル料金を支払いしたことを証明する「領収書」のようなものと考えて頂ければよいと思います。リサイクル券を紛失した場合でも、リサイクル料金を預託していれば何の問題なく廃車手続きをすることができます。したがって、カーネクスト東京に廃車に依頼をされる際は、特に再発行などの手続きは必要ありませんのでご安心ください。

リサイクル券を再発行したい場合

もし、リサイクル券を再発行した場合は、最寄りの陸運局で再発行を行うことができます。

専用の端末が準備されていますので、そちらで手続きを行いましょう。

廃車のリサイクル料金に関するまとめ

廃車にする際にリサイクル料金を支払う事は必須であることを説明しましたが、実際には既に支払われている方が多い為、そこまで心配することはありません。

また、リサイクル券の紛失についても再発行することもできますが、リサイクル券が無くても自動車リサイクルシステムにて簡易的に預託状況を確認することができますので、もしリサイクル料金に関するご不安な点があればカーネクスト東京にご相談頂ければと思います。

カーネクスト東京では、東京全域で廃車買取・引取り・無料手続きを行っておりますのでお気軽にご相談ください。>>どんな状態の車でも引取り無料の理由

普通自動車の廃車の場合は、月割りで自動車税が戻ってくる場合があります。詳しくはコチラ、またはカーネクスト東京までお電話ください。

⇓他にもよく読まれている記事はこちら⇓

廃車となる中古車のトヨタ車が高く買取りできる理由

所有者以外の第三者の車を廃車する場合

ローン中の車(残債あり)を廃車手続きする場合について

 

東京都の市町村別・廃車手続き情報

こちらでは、廃車手続き情報をご紹介致しました。カーネクスト東京では東京都全域を廃車対象エリアとしています。

下記のリンクより各市町村の廃車買取り事例を紹介させて頂いております。

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 八王子市 立川市 武蔵野市 三鷹市 青梅市 府中市 昭島市 調布市 町田市 小金井市 小平市 日野市 東村山市 国分寺市 国立市 福生市 狛江市 東大和市 清瀬市 東久留米市 武蔵村山市 多摩市 稲城市 羽村市 あきる野市 西東京市